「続 京都日本画新展」山本雄教出品

「京都 日本画新展」は、JR西日本、京都新聞社は共同で、日本画を志す、創造性あふれた若い人材の活動を奨励し、京都の文化の発展に寄与することを目指し、京都における日本画新人賞「京都 日本画新展」を平成20年度から開催されたきた展覧会です。
平成25年度からは推薦委員と審査委員の役割を分離するなど、異なる視点を加えた「続『京都 日本画新展』」として新たにスタートしました。 

京都を中心に活動する若手日本画作家の様々な作品が集まっている展覧会です!
ぜひご高覧下さいませ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第1回 続「京都 日本画新展」

美術館「えき」KYOTO
○日時 平成26年1月18日(土曜日)から29日(水曜日)の計12日間
午前10時から午後8時(最終日は午後5時まで)
※注釈 会期中無休 入館は閉館の30分前まで
○会場 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
○入館料 無料
○内容
出品作品全39点と推薦委員の5点の作品を展示
推薦委員によるギャラリートーク(いずれも午後2時から)
・1月21日(火曜日)小嶋 悠司 (京都市立芸術大学名誉教授)
・1月22日(水曜日)大野 俊明 (成安造形大学教授)
・1月23日(木曜日)村田 茂樹 (日本画家)
・1月24日(金曜日)竹内 浩一 (日本画家)
・1月27日(月曜日)林 潤一 (京都嵯峨芸術大学名誉教授)

出品作家
赤野美紀、池田由季、石橋志郎、井手本貴子、潮由起子、宇都大志、小畠友理、兼若和也、上岡奈苗、岸田 尚子、北島文人、楠本衣里佳、幸田史香、小林紗世子、柴垣美恵、清水薫、白川奈央子、勢野五月葉、田住 真之介、田中彩乃、寺脇さやか、戸室ケイナ、鳥居結人、西久松綾、花本鈴子、原菜都美、福元章子、ベリー マキコ、丸岡未来、三橋卓、湊智瑛、森桃子、森中歩、山本あずみ、山本雄教、吉田眞理子、吉田幸紘、若狭 悌尚、和田ひとえ

審査委員
内山 武夫  (美術評論家・元京都国立近代美術館長)
尾崎 正明  (前京都国立近代美術館長)
菊屋 吉生  (山口大学教授)
野地 耕一郎  (泉屋博古館分館学芸課長)
吉中 充代  (京都市美術館学芸課課長補佐)